<< まるでカラオケ屋のようね | main | 横浜の屋根の下、音楽は流れる >>

山田晃士さんのシャンソン

090424_2218~01.jpg
高円寺ShowBoatまで山田晃士&流浪の朝謡さんの「モノローグ劇場」を観に行きました、あみ太です。

山田晃士さんといえばガレージシャンソンという新時代のシャンソンを築き上げ、今年の新春シャンソンショウにも出てらしたのですが、残念ながら僕は売店でお店番をしておりましてステージが観れなかったので本日は期待にハト胸をクルッポーと弾ませて高円寺に向かったのでありますが、いやはや期待を愛遥かに裏切るパワフルでエロティックで骨太ロックな素晴らしいステージでございました!

モチベーションというものは良いステージに巡り会えるとグビグビと上がるものでして、帰りに傘が無くって前髪から滴る程に冷たい雨を浴びた今もまだ興奮気味なのです。

しかし今日はそんな興奮の口元に低反発枕を押し付けてどうにかこうにか眠りに就いて明日はお昼から横浜でDJをやって参ります。ちゃんと起きれるかしら。。芳ばしいカモミールをビグッと飲んで身体をよくよく温めて速やかにグッドナイトしなければ。

それにつけてもカントリーマアムは美味しいです。こんな美味しいクッキーを最初に作ってしまった悪魔のようなあいつに今夜はワインをふりかけきめてやる今夜と許されない愛に魅せられた夜の危険なふたりはコバルトの季節の中で時の過ぎゆくまま片手にはピストルと心には花束を添えて外したビキニをマストに飾りながら45分かけて6番目のチェックインを済ませるのです。それで結局何が言いたいのかって?答えはヤシの実の中さ。

うふふ…駄目だ眠いわ。たまには阿呆な事書いてないで素直に寝る事にしましょう。では皆様おやすみなさい。

それじゃあマタネ!
posted by: 蜂鳥あみ太=4号 | ダイアリー | 01:45 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 01:45 | - | - |
コメント
 
2013/10/02 12:19 AM
Posted by: 何故か「センパイ」と呼ばれています
はじめまして。
昨日、ラストワルツにて蜂鳥姉妹を初めて拝見しました。

3年半ほど前、私が山田晃士さんのファンになりたての頃
「山田晃士」で検索をかけていて、そういえば『蜂鳥なんとか』さんのブログがヒットして読んだような・・
と思いだして検索したらば、やはり。

宮国さんに晃士さんのお名前出した際に特に反応なかったので
みなさんあまりご存じないのかなと思ってしまいました。


あみ太さんに話しかける勇気がなかったのが残念っ。
『地下鉄の切符切り』は晃士さんバージョンとはまた全然違って
おもしろかったです。また聴きたいです。
7月のスタパライブでは晃士さんも「アラバマソング」を歌われてましたが
こちらは英語詞だったので、あみ太さんバージョンをお聴きして
「こういう内容だったんだ」と思った次第です(外国の曲には疎くてすみません)。


先日は天国をお目当てにうかがいました。
また天国とご一緒されることあるようなので
機会がありましたらそのときにCD買ったり(こないだはちょっと勇気がなかった)
晃士さんのお話伺えたら嬉しいです。


あみ太さんのメイク具合が某さんファンの方と似ていて
そして目のひんむき具合がソウルフラワーの中川に似てる
と思いましたっ!
なので裸体を見るのが恥ずかしかったです。すみません。次回はじっくり拝見させていただきます!!
2013/10/02 1:24 AM
Posted by: あみ太
センパイさんへ

先日はラストワルツへ御来場ありがとうございました!あみ太です!

晃士さんファンの方なのですね!僕も晃士さん大好きなのです!!
まだご一緒させて頂いた事はないのですが、虎視眈々とジョイント出来るその日を狙っております・・・!

わたくしライブ中以外は割烹着着て会場内をウロウロしてるだけのただのタイツ野郎なので是非ゼヒ気軽に話し掛けて下さいませ!

天国ともまた今月末ソロで対バンしたりイロイロ仲良くして貰っておりますのでまたの御来場お待ちしております!!

裸もお粗末なものですが宜しければ是非指の隙間からウォッチンして貰えると脱いだ甲斐があるってもんです(!?)

あみ太









トラックバック
 
http://humming4.jugem.jp/trackback/45