<< 蜂鳥あみ太9月来襲予告〜狆はじめての名阪ツアー勃発!ゴスイベントであやうし全身網タイツ人間!スマコネ企画に変拍子のぶっ壊し屋がやって来る!京都・滋賀・大阪、関西三都物語地獄巡り編開催〜 | main |

蜂鳥あみ太10月来襲予告〜対エミ・エレオノーラ!対ボランドール劇団!対IKAZUGOKE!豪華2マン乱れ打ち!極悪いちご団との名阪ジョイント公演勃発!!毎年恒例・巣鴨&高円寺流し有ります!そして戦慄の夜の真相をここに…〜

ボンジュール・トリステサ

 

米をオカズに米を食べる事が出来る、全身網タイツのお米大好きシャンソン歌手あみ太です。…いやべつに米しか食べるものが無いわけじゃないんですけど定食屋で他のおかずを全部食べてから最後にライスを食べる僕を見て「よく米だけで食べられるよね」と言われたものであれ?皆違うのかな?と思いまして。いや、きっと沢山居ると思うんですよ銀シャリ・ジャンキーは。そんなわけで「おかずはおかず、シャリはシャリ。みんな違ってみんないい」と金子みすゞのような事を言いながらこんもりと盛られた米だけをひたすら喰らい続ける僕に向けられる周囲からの眼差しはまさに炊き立ての白米のような白さなのでありました。

 

それでは炊き立てのお米が冷めないうちに10月の来襲予告だよ!!

 


 

■神戸チキンジョージ上条早樹主催「ロッきん縛ホラーショー Vol3」あみ太歌唱出演
10月6日は神戸チキンジョージで開催の上条早樹さん主催「ロッきん縛ホラーショー Vol3」へ蜂鳥あみ太がボーカルとして来襲!バンド編成でロッキーホラーショーをテーマに緊縛ショーを繰り広げるよ!このステージ、一体何が起こるのか、、、?それは観てのお楽しみ!!

日時:2019年10月6日(日) 18時開場 18時45分開演
会場:神戸チキンジョージ
(兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目17-2)
料金:前売5000円 当日5500円(どちらも別途ドリンク代)
出演:上条早樹、獅子若、飛室イブ、長谷川真央、NAO、上条響、うの、風間寛治、ヒラジ、刃喰い
ゲスト:おいおい教 教祖、蜂鳥あみ太=4号、KINKY BOX マリン
演奏:チーチョ西野、小倉禎臣、DEVIL、茶太郎、カジハラタカシ、えびさわなおき、TAIJI、龍吉、りさ
チケット:チキンジョージまたはローソンチケット・チケットぴあにて

 


 

■新松戸FIREBIRD「新松戸ゴールデン劇場〜YOSHIOの友達がボリビアからやって来る!!! 篇」
新松戸FIREBIRD「新松戸ゴールデン劇場〜YOSHIOの友達がボリビアからやって来る!!! 篇」
10月10日は新松戸FIREBIRDに蜂鳥あみ太with大須賀聡の水を得た魚タッグが来襲で魂のケーナ奏者YOSHIOが召喚したボリビアのバンド・イルパウィとガチンコステージを繰り広げるよ!!我々も言葉の壁をぶち壊す再構築系民族音楽をぶちかましたいと思いますので乞う御期待★★★

日時:2019年10月10日(木) 18時30分開場 19時開演
会場:新松戸FIREBIRD
(千葉県松戸市新松戸2-118新松戸ビル5F)
料金:予約3000円 当日3500円(どちらも別途ドリンク代)
※19:00迄にご来場の方は1drink orローストポークプレゼント
出演:道太郎(ORIF)、蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)、極悪いちご団、YOSHIO with イルパウィ

※あみ太は19時45分頃より来襲予定!

 


 

■エミ・エレオノーラ×蜂鳥あみ太=4号2マン「北浦和パークサイド・ダークサイド・キャバレー」@北浦和パラダイスロード
エミ・エレオノーラ×蜂鳥あみ太=4号2マン「北浦和パークサイド・ダークサイド・キャバレー」@北浦和パラダイスロード
10月12日は北浦和パラダイスロードにてエミ・エレオノーラ×蜂鳥あみ太with大須賀聡(gt)2マン「北浦和パークサイド・ダークサイド・キャバレー」勃発!!あまりの混沌ぶりに大好評の完全即興お題セッション有ります!!御予約はsusugu.hachidori4@gmail.com迄!!

日時:2019年10月12日(土) 19時開場 19時30分開演
会場:北浦和パラダイスロード
(埼玉県さいたま市浦和区常盤10丁目8-7 とき和ビル 2F)
料金:予約3300円 当日3800円(どちらも別途オーダー)
出演:エミ・エレオノーラ、蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)

※お席に限りがございます(限定20席)ので御予約はお早目に!
※お席完売後はお立見でのご案内となりますのでご了承下さいませ。

 


 

■三軒茶屋ヘブンスドア「CHAOTIC SOUP」水魚タッグ来襲
三軒茶屋ヘブンスドア「CHAOTIC SOUP」水魚タッグ来襲
10月13日は三軒茶屋ヘブンスドアに蜂鳥あみ太with大須賀聡(gt)の水を得た魚タッグが初来襲!!ゴリッゴリのバンドに混ざって悪夢のような地獄シャンソンをぶちかますよ!!是非ともお見逃しのなきように★★★

日時:2019年10月13日(日) 18時30分開場 19時開演
会場:三軒茶屋ヘブンスドア
(東京都世田谷区三軒茶屋1丁目33)
料金:予約2300円 当日2500円(どちらも別途ドリンク代)
出演:Naokobitch&Midnight Stripper、カギボスバンド、クロメ、ヨシュアカムバック、蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)

 


 

■ボランドール劇団主催「第五回天下一舞踏会@横浜関内吉田町リリー」
10月14日は横浜関内吉田町リリーにて盟友ボランドール劇団主催「第五回天下一舞踏会」に蜂鳥あみ太with佐藤真也(pf)の狂犬タッグが来襲!!久方振りの関内の街で地獄シャンソンをぶちまけるよ★★★是非とも御予約・御来場下さいませっっ

日時:2019年10月14日(月・祝)18時開場 18時30分開演
会場:吉田町Lily
(神奈川県横浜市中区吉田町4-6)
料金:3500円(1ドリンク付き)
出演:ボランドール劇団、蜂鳥あみ太=4号with佐藤真也(pf)

 


 

 

■極悪いちご団×蜂鳥あみ太with大須賀聡(gt)「十年鴉と地獄の仏歌ツアー@大阪心斎橋BARキネマトス編」
極悪いちご団×蜂鳥あみ太with大須賀聡(gt)「十年鴉と地獄の仏歌ツアー名阪編」
10月16日は大阪心斎橋キネマトスにて極悪いちご団×蜂鳥あみ太with大須賀聡(gt)によるダブル10周年記念2マン「十年鴉と地獄の仏歌ツアー」開催!!関西では初となるこの組み合わせをお見逃しなきように!お席に限りがございますので御予約はお早目にsusugu.hachidori4@gmail.com迄!

日時:2019年10月16日(水) 19時開場 20時30分開演
会場:大阪心斎橋Barキネマトス
(大阪府大阪市中央区心斎橋筋2丁目7−11)
料金:予約3500円 当日4000円(どちらも別途ドリンク代)
出演:極悪いちご団チンドンビート、蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)

 

※限定20席につき御予約はお早目に!

 


 

■極悪いちご団×蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)2マン「十年鴉と地獄の仏歌ツアー@大阪茨木市Dbar変」
極悪いちご団×蜂鳥あみ太with大須賀聡(gt)「十年鴉と地獄の仏歌ツアー名阪編」
10月17日は大阪茨木市Dbarにて極悪いちご団×蜂鳥あみ太with大須賀聡(gt)によるダブル10周年記念2マン「十年鴉と地獄の仏歌ツアー」開催!!大好きなDbarで極悪いちご団と御一緒出来る喜びを全力で音楽へと注ぎ込み悪夢の地獄シャンソンをぶちまけたいと思いますので迷わず御予約・御来場下さいませ!!

日時:2019年10月17日(木) 19時開場 19時30分開演
会場:Dbar(大阪・茨木)<阪急茨木市駅東口徒歩2分>
茨木市双葉町9-13フタバアレイビル3F
料金:予約3000円 当日3500円(ご入場の際、別途2drink代として(又は1drink+1food)1000円いただきます。)
出演:極悪いちご団チンドンビート、蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)
ご予約:専用フォームにて
※お電話でのご予約は受付ておりません。
問:080-6741-4122(19時〜23時/火曜定休)

 


 

■極悪いちご団×蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)2マン「十年鴉と地獄の仏歌ツアー@名古屋つるのり変」
極悪いちご団×蜂鳥あみ太with大須賀聡(gt)「十年鴉と地獄の仏歌ツアー名阪編」
10月18日は名古屋今池つるのりにて極悪いちご団×蜂鳥あみ太with大須賀聡(gt)2マン「十年鴉と地獄の仏歌ツアー」勃発!!久方振りのつるのり来襲は極悪いちご団とのダブル10周年記念公演ですよ!!名古屋の方、この機会を是非ともお見逃しのなきように御予約・御来場、地獄よりお待ちしております★★★

日時:2019年10月18日(金) 19時30分開場 20時開演
会場:名古屋今池つるのり
(愛知県名古屋市千種区今池1丁目6-13 今池スタービル1F)
料金:予約3000円 当日3500円(どちらも別途ドリンク代)
出演:極悪いちご団チンドンビート、蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)

 


 

■巣鴨地蔵通り商店街アルプスカフェ蜂鳥あみ太真昼の演奏会「出張シャンソニエ〜哀愁のシャンソン、黄昏のカンツォーネ、そして情熱のタンゴ...」
10月20日は巣鴨アルプスカフェにて今年もやります真昼の投げ銭生演奏!!今回の伴奏パートナーはボタンアコーディオンの田村賢太郎くんと御一緒★★★お子様連れからお年寄りまでどなたさまもウエルカムにつき奮って御来場下さいませ!!

日時:2019年10月20日(日) 9時開店 13時・15時・16時より投げ銭生演奏
会場:巣鴨アルプスカフェ
(東京都豊島区巣鴨3-16-12)
料金:投げ銭(各ステージ毎に1オーダー)
出演:蜂鳥あみ太=4号(シャンソン歌手)
伴奏:田村賢太郎(アコーディオン)

※13時、15時、16時より投げ銭ライブ!御予約不要につき是非奮って御来場下さいませ!!

 


 

■野毛うっふ「蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)地獄シャンソン投げ銭生演奏」
 

野毛うっふ「蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)地獄シャンソン投げ銭生演奏」


10月25日は野毛・博物館Cafe&Barうっふに蜂鳥あみ太with大須賀聡(gt)の水を得た魚タッグが再来襲で19時30分、20時30分、21時30分より投げ銭シャンソン生演奏勃発!!まるでサーカス小屋のような素敵なお店にて地獄シャンソンを是非ともご堪能下さいませ★★★

日時:2019年10月25日(金) 18時開場 19時30分、20時30分、21時30分より投げ銭生演奏
会場:野毛・博物館Cafe&Barうっふ
(神奈川県横浜市中区 宮川町2丁目23-4)
料金:投げ銭(別途オーダー)
出演:蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)

※19時30分、20時30分、21時30分より投げ銭シャンソン生演奏!御予約不要につき奮って御来場下さいませ!

 


 

■新松戸FIREBIRD「米子ワンメイク×新松戸FIREBIRD共同企画Vol.2」伴奏:大須賀聡(gt)
新松戸FIREBIRD「米子ワンメイク×新松戸FIREBIRD共同企画Vol.2」伴奏:大須賀聡(gt)
10月26日は新松戸FIREBIRDにて米子ワンメイクとの共同企画が勃発!!FIREBIRDとワンメイクからの選りすぐりの邪悪な演者達が織り成す極上のステージをご堪能下さいませ!!

日時:2019年10月26日(土) 13時30分会場 14時開演
会場:新松戸FIREBIRD

(千葉県松戸市新松戸2-118新松戸ビル5F)

料金:予約3000円 当日3500円(どちらも別途ドリンク代)
※14:00迄にご来場の方は1drink or ローストポークプレゼント
出演:Haruka、蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)、ナカヒラミキヒトとチンドン"のまど舎"、蠣崎未来、忘れてモーテルズ、極悪いちご団、矢野絢子
司会:エルコ将軍

※あみ太は14時45分頃より来襲予定!

 


 

■IKAZUGOKE×蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)2マン「真実を映し出す透明人間の夜」@埼玉熊谷モルタルレコード
IKAZUGOKE×蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)2マン「真実を映し出す透明人間の夜」@埼玉熊谷モルタルレコード
10月30日は埼玉熊谷モルタルレコードにて飯田華子さん北村早樹子さんのラップユニットIKAZUGOKEと蜂鳥あみ太with大須賀聡(gt)の水を得た魚タッグによる2マン「真実を映し出す透明人間の夜」開催!!ここでしか観れないコラボセッション有り!!是非とも御来場下さいませ!!

日時:2019年19時開場 19時30分開演
会場:埼玉熊谷モルタルレコード
(埼玉県熊谷市筑波1丁目165)
料金:3000円(別途ドリンク代)
出演:IKAZUGOKE[飯田華子+北村早樹子]、蜂鳥あみ太=4号with大須賀聡(gt)

 


 

そしてここからは新たに発表された今後の来襲予定ですよ!

 


 

■【昼】蜂鳥あみ太プレクリスマス忘年感謝祭お客様リクエストワンマン「倫巴里VS狂犬VS水魚2019」

12月14日は新宿カールモールにて蜂鳥あみ太プレクリスマス忘年感謝祭お客様リクエストワンマン「倫巴里VS狂犬VS水魚2019」開催!!今年も狂犬タッグ×出張シャンソニエ倫巴里×水を得た魚タッグによる三つ巴ステージで一石三鳥の超お得イベント!!皆様からの御予約&リクエスト3曲、地獄よりお待ちしておりますね★★★

日時:2019年12月14日(土) 12時30分開場 13時開演
会場:新宿カールモール
(東京都新宿区新宿1丁目34-13 貝塚ビル1F)
料金:予約3500円 当日4000円(どちらも別途ドリンク代)
出演:狂犬タッグ[蜂鳥あみ太=4号+佐藤真也(pf)]、出張シャンソニエ倫巴里[蜂鳥あみ太=4号+笠原麻矢(acc)]、水を得た魚タッグ[蜂鳥あみ太=4号+大須賀聡(gt)]
予約:イベント名と予約名・枚数・あみ太レパートリーの中から歌って欲しいリクエスト3曲をご明記のうえsusugu.hachidori4@gmail.com
※御予約は折り返し返信が来て確定となります。スマートフォンの方は届かない場合がありますので必ず事前にメールアドレス指定受信設定をお願いします。

※この日はお客様のリクエスト投票からセットリストを組みます。ご予約の際にお好きなリクエスト曲のタイトル(タイトルがわからなければ曲の概要でもOK)を3曲ご明記のうえ御予約下さい。
※※初めての方も大歓迎!「初参加なのでリクエストなし」とお伝え下さいませ。
また、御予約のみ先に頂いてリクエストは後出しでも大丈夫です。
※※※曲のリクエストは集計の都合により12月5日締切とさせて頂きます。

 


 

※すべてのイベントのお問い合わせ・御予約は「日付・イベント名・予約者名・予約枚数」を御明記のうえsusugu.hachidori4@gmail.comまでお願いします!
※御予約は折り返し返信が来て確定となります。スマートフォンの方は届かない場合がありますので必ず事前にメールアドレス指定受信設定をお願いします。


それ以降の来襲予定は蜂鳥あみ太オフィシャルサイト・スケジュールで!

 


 

10月6日は神戸チキンジョージにて生バンド演奏でロッキーホラーショーをテーマに緊縛をする上条早樹さん主催「ロッきん縛ホラーショー」にゲストボーカルとして参加します!僕と御一緒して下さる緊縛師の方のステージは超絶技巧のオンパレードなのでサーカスを観に来る気持ちでいらっしゃいまし!

そして10月12日は大好きな大先輩エミ・エレオノーラさんと北浦和パラダイスロードにてスリリングな即興コラボ有りの2マンショー、14日は関内吉田町リリーにて盟友ボランドール劇団と2マン、30日はミュージカル「わたしのせいじゃない」にて御一緒した飯田華子さん北村早樹子さんのラップユニットIKAZUGOKEと熊谷モルタルレコードで2マンという充実のラインナップ!!

 

更に10月16日〜18日は極悪いちご団とのダブル10周年ツアーで心斎橋キネマトス、茨木市Dbar、名古屋つるのりを巡ります!!こちらも勿論コラボ有り!!

 

でもって投げ銭演奏も充実してまして、10月20日のお昼に今年初の巣鴨アルプスカフェでボタンアコーディオン田村賢太郎くんとのデュオ、25日には野毛うっふ27日のお昼には高円寺ミュージックストリートにてギター大須賀聡さんとぶちかましますので是非ともチップを捻じ込みに来てね★★★

※高円寺ミュージックストリート出演は都合により10月27日・日曜日のお昼に変更となりましたのでご注意下さいませ!

 

それから12月14日の13時より新宿カールモールにて今年も毎年恒例の年末企画クリスマス忘年感謝祭お客様リクエストライブ「倫巴里VS狂犬VS水魚2019」が開催決定!!あみ太くんレパートリーから貴方がこれぞと思う3曲を選んで予約の際にリクエストしてね!皆様からの御予約・リクエスト、地獄よりお待ちしております★★★

 

そんなわけでここから意味もなくひたすら長い駄文のお時間、今回は訳あってホラー仕立てなので苦手な方は読み飛ばしてね!

えー先日ツアー先の大阪の宿で手酷い目に遭いましてね、何処のナニと詳しくは申せませんが一万飛んで34年間生きてきて初めての体験だったもんでそりゃもうぶったまげたと云いますか唖然と云いますかこんな事ってあるんだなと思わずにはいられなかった出来事であります。

 

その日は狆はじめての名阪ツアーの三日目、名古屋から大阪へ移動して茨木市Dbarさんで演奏がありまして、お客様にね、ご本人様も公式Twitterにてお写真アップして下さってるので言ってしまいますがオール巨人さんが観に来て下さってまして、演奏は全然大丈夫なんですけれども大御所の芸人さんを前にしながら喋るというのはやはり非常に緊張するもので並々ならぬ緊張感でもってしかしながらそれが良い方向に作用してこの日も全力で演奏が出来たのでありました。巨人さんとても気さくで優しい方でありました。

 

…と、そこで一日が終わっていれば良かったんですけども、我々の受難はここから始まるのでありました。

 

ライブ後、翌日は大阪市内でツアー千秋楽公演があるという事で終電で大阪市内入りした狆一行だったのですが、ブッキングした宿の最寄り駅へ近づくにつれあまり見慣れない漢字や読み方の駅が続くので皆で「変わった土地なんだね〜」なんて言ったりしながら目的の駅に到着しまして、そこが良く言えば非常にレトロな昭和感漂う商店街、悪く言えばひたすらオンボロな飲み屋のシャッター街が続くだけなんですけども、単純に古い町なんだなあと思いながら宿を目指して歩いて行った訳です。

 

そんな商店街を抜けて少し開けた住宅街に出た時、風もないのにプーンと鼻を突く臭いがして来まして、言うなればそう、熟した銀杏の実が地面に落ちてグチャグチャになった時にするあの刺激臭。と云ってもそこは閑静な住宅街、近くに牧場や畑があるわけでもなし、あったとしてもそもそも風が吹いてない、というか、町全体の空気がずっと溜まったまま流れていないようなそんな感じ。勿論銀杏もなければ銀杏の実が熟す季節でもない…。そんな場所で何故か僕だけが「臭い!臭い!」とひとりだけ過剰に反応していたのでした。

 

まあ外がちょっと香ばしくても宿に入れば一緒だろうという事で騒ぐ僕を尻目に狆一行はこの住宅街を進んで行くんですけども、この町、ちょっと変なんですよね。道に沿うようにして家が立ち並んでいるのですが、この家がおかしくて。だって元々は家の屋上だったであろう場所に更に家を建て、その上に更に家を建てて壁の色もバラバラという明らかに違法建築な家が一軒だけでなく壁でも作るように一区画分ぐらいギッチギチに詰めて建てられていてまるでミニミニ九龍城みたい。なんだか変わった町に来てしまったねえと言えるぐらいにはまだその時は余裕があったのですが…

 

そうこうしているうちにぽつり、またぽつりと街灯が少なくなってきて、それと同時に周りの建物が今時珍しい木造の長屋それも凄い年季の入ったものばかりになって参りまして鈍感な僕も流石に嫌な予感がして来たところで辿り着いたのが一区画まるっとな墓地。ナビによると宿はここの角を曲がってすぐだと。辺りには不気味なオレンジ色をした木製の古い街灯がひとつあるだけでそれ以外は闇。この頃にはもう誰も言葉を発さなくなっておりました。

 

墓地を背にして人一人がやっと通れる狭い小路を曲がり、そこから先はもう完全な闇。道の両端は全て木造の平屋なのですが深夜と云えどそこまで遅くもない時間なのに明かりの点いている家は一軒もなく、しんと静まり返ってただひたすらに真っ暗。仕方がないので携帯のライトで足元を照らしながら進むのですがダラブッカの空中紳士にナビを見て貰いながら歩いているのに迷うはずのない一本道で迷ってしまって。。。

 

暗い路地をぐるぐる周りながらこれはもしや騙されたんじゃないのかと思い始めた時、「あった!」という声と共に平屋が並ぶ土地の真ん中に全く似つかわしくない新築のアパートがそびえ立っていたのです。この宿、無人の民泊というやつでして常駐する管理人が居ないので宿泊者が中に入らないと一切明かりが点かないのでそれで迷ってしまったんだなとこの時は思ったのですが。兎に角やっと宿で休めるという気持ちと陰鬱としたその場が嫌過ぎてはやく室内に逃げ込みたいという気持ちであらかじめ用意されていたキーボックスの中に入っていた鍵でドアを開け、狆一行はアニメ・サザエさんのエンディングのような勢いでそのピカピカのアパートへと吸い込まれて行ったのでした。

 

アパートの中にある階段を上って2階の部屋に入るとそこは新築そのもの。壁が薄いのか何やらボソボソと隣の部屋から話し声が漏れ聞こえては来るが天井も高くロフトもあって3人で泊まるには十分過ぎる快適なスペース。近くに墓地があった事なんてすっかり忘れて「これでようやく今夜の疲れをリセット出来る!」と重たい荷物を置き、それじゃあ休む前に夜遅くでもやっている近所のご飯屋さんを探そうという事で自分のスマホでナビを起動したところ少し離れた場所にご飯屋さんは見つかったんですけど、自分が今居る場所を指し示す筈の現在地のアイコンがね、ずっと近くの墓地の敷地内を一点に定まる事なくゆっくり、ゆっくり回ってるんですよ。

 

これを見て僕も流石にアチャーと思ったのですが他に休める場所も無いし怖がらせるだけなので黙っておこうと思ってナビを閉じ景気付けにガッツリご飯を食べようと皆で出口のドアに向かったのです。

 

そしてここで決定的な事に気付いてしまった。

 

ドアの内側に避難経路図が貼ってあるのですが、その右下にお札が貼ってあるんです。。。実は部屋に入った時にもその存在には気付いていたのですが管理会社のマークか何かなんだろうなと思ってスルーしてまして、部屋を出る前に改めてその部分をよくよく見てみると「霊から闇夜の襲撃に備えよ、忠告のお札」などとトンでもない事が書いてあり…状況が状況なだけに「あー、やっぱそうなんだー」と誰に言うでもなく呟いてしまいその姿を見たメンバーも何かを悟ったように無言になって狆一行は足早にその場を離れ24時間やっている夜型人間達の強い味方ことYAYOI軒へと一時避難したのでありました。

 

気分的にズーンと重い胃腸に無理矢理定食を流し込みながらメンバーにお札の話をする僕。その話を受けて「実は駅を降りた時から嫌な感じがずっと続いていて嫌な気配のする方を見たら花が供えてあった」とピアノの大和田さん。そして極めつけは紳士の「実はナビが墓地を通り過ぎてもずっと墓の周りに居るもんで現在地がわからず迷った」という話。これについては僕も同じ状況を目の当たりにしているのでその場で全員沈黙…。オカルト好きな割りに心霊現象みたいなものに全く興味が無いものでこういう話を僕はあまり信じないんですけど、皆が口を揃えて「あいつらは電気に来る」って言うの。この時ばかりはあるかもしれないなあと思った次第。

 

なにはともあれ実際問題とんでもない内容のお札は本当に貼ってあるのでこんな気分じゃあの宿には泊まれねえって事になりまして管理会社のコールセンターに電話したんです。そしたら写真を送って欲しいと云われまして、疲れてクタクタなのにこんな真夜中に何やってんだろうなと思いながら宿に戻ってお札の写真を撮って管理会社に送り、また連絡したところスタッフさんから謝罪があった後に対応策として「本日隣の部屋が空いてますのでそちらをお手配させて頂きますね」と言われ、、、

 

あれ?隣の部屋で誰か喋ってたよね…?しかもひとりだけじゃなく何人かで…

 

ブッキングしたアパートの二階には我々が宿泊予定だった部屋ともうひとつの部屋しか無く、そしてこの物件は全室ロフト付きで通常より二階部分の位置が高く、近隣は長屋だもんで隣の部屋以外から声が聞こえてくる筈は無いんです。

 

更にスタッフさんが言うには「管理会社でお札を貼るなんて事は有り得ないのでルームクリーニング後、お客様が入室するまでに誰かが入っていたずらしたのではないでしょうか?」との事で、お札を貼られていたのは部屋の鍵を開けた先、"ドアの内側"ですよ!!それも絶対クリーニングの人が見落とさないような場所に。もしそれが本当だとしたら我々が寝てる間にも誰かが部屋に入ってくる可能性があるって事やんけ!!!おんどりゃあどんなセキュリティーしとんねん(憤怒)

 

という結論に至りまして対応策についてメンバーに相談するまでもなく「絶対に嫌です!!!」と断り2日間の宿泊をキャンセルし重い荷物を引きずりながら命辛々悪夢の宿から夜の街へと一目散に逃げ出しまして丑三つ時から朝まで歩いて辿り着いた南森町の漫画喫茶にて仮眠を取り、楽園食堂パラカフェのランチにて粒立ち最高の銀シャリをおかわりしまくり、人生初のスパ大東洋にて出来るだけ疲れを取ってツアー千秋楽の音凪へと赴いたのでありました。その夜の演奏はそりゃもうスパークしましたね。逆境をエネルギーに変える、我々にはそれしか出来ねーのであります。

 

その後の調べによって貼られていたお札はホラー食玩のおまけ(悪質ないたずらだった模様)であり、そして宿があった場所は土地そのものがとても血生臭い歴史を持ち非常に縁起の悪いエリアだったという事が判明するのですが、特定出来る話かつもう二度と関わりたくないのでここには書きません!詳しくはライブ会場にて僕に直接聞いて下さいね(全然聞きたくないと思うけど)★★★

 

そんなわけで今更ながら僕は思うんです、あれは本当に警告だったんじゃないかと。もしあのまま気にせず宿に泊まっていたら皆が寝静まった後で知らない誰かが鍵を開けて入って来て殺されてたかもしらんし。そう思うと命拾いしてラッキー!って思えるわけねーだろ畜生め!

 

そんなこんなで何かとんでもない怪奇現象に見舞われた訳ではないのですが、どちらかというと生きてる人間が一番怖いよね、っていうお話でした。久々にゾーッとした。とっぴんぱらりのぷう。

 

さてさて、こんなに長くてオチも大した事のない駄文に付き合ってくれたみんな!本当にありがとう!

 

そんな御礼の気持ちを込めて先日のボクモ10周年記念パーティー@名古屋クアトロで200人超えのお客様を前に炸裂したイベントの主旨とは全く無関係のザバス一気飲み映像を置いておきますね。見所は客席の熱烈なザバスコールとは裏腹に完全なる無表情で待機する女豹ピアニスト大和田千弘。これぞまさしく冷静と情熱のあいだ。

 

そんでもってボタンアコーディオンの田村賢太郎くんとの初のデュオ編成映像が到着したのでこちらもチェケラ!!踊る肉団子のホロではゲストダンサーとして本業はケーナ奏者のYOSHIOさんと何が本業なのかは全く不明のぼんど餅フン太朗さんという二大おもちゃこと肉団子なお二人が即興コラボしてくれてるのでそのグダグダっぷりも是非ご堪能あれ★即興無茶振りまじこえー★★★

 

我をも忘れる恋狂い


踊る肉団子のホロfeat.YOSHIO&ぼんど餅フン太朗

 

賢太郎くんとのデュオは10月20日のお昼に巣鴨アルプスカフェで、11月8日に新松戸FIREBIRDで、そして12月13日の埼玉熊谷モルタルレコードではギター・シーサトさんも加えたトリオ編成にて石川浩司さん大谷氏さんのホルモン鉄道と2マン勃発につきお見逃しのなきように!!

 

それではまた来襲!

 

あみ太

posted by: 蜂鳥あみ太=4号 | イベント告知 | 02:35 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 02:35 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://humming4.jugem.jp/trackback/341