<< 蜂鳥あみ太1月来襲予告〜倫巴里新年会は横浜中華街にて!DOSAMAとヨーロッパ音楽とわたし、アングラ歌謡とわたし、そしてガチンコ・ロシア料理と地獄シャンソンの夕べあります〜 | main | 蜂鳥あみ太3月来襲予告〜あみ太バースデーは地獄の曼珠沙華&佐藤真也プロデュースCDダブルレコ発!?疑惑の黒い下半身・完成!悪夢の雛祭り3マン、とまとなべVS女豹タッグもお見逃しなく、の巻〜 >>

蜂鳥あみ太2月来襲予告〜新・愛の荒らし、三鷹に巣鴨に新松戸を丸焼き!牢獄、洋館、新井薬師で生演奏あるよ!そして全ての道はインドカレー屋に続く、の巻〜

かなしみよ、大変遅れ馳せながらあけましておめでとうございます。

 

キャラ設定上一万飛んで31年目のお正月は遂に納骨堂の案内DMが年賀葉書で届きました。勿論お年玉クジ付き。これが当たると引き換えに俺は死ぬのか。だとしても生きてるだけで大変なんだから死んだ後の事なんか知らねーよバカヤロー!!こんな所に葬られるぐらいなら、すすんで鳥葬を選びたい、酉年だけに。そんな目をこじ開けて観るタイプの初悪夢(はつゆめ)こと蜂鳥あみ太でございます。

 

「あみ太さんのメルマガは長過ぎてスケジュールに辿り着けない」というお言葉を多数頂いておりまして、試しに今年から先にスケジュールを片付けて後はただひたすら無駄な文章を書いてみようかと思うのですが正直スケジュールが後にないと文章の引き際がわからなくなるドキドキ感あるよね。

 

そんなわけでさっそくですが2月の来襲予告いってみっからしかと刮目したっておくんなましすせそーっっっ

 


 

■三鷹ローズルーム「新春シャンソンショー」あみ太with大和田千弘(pf)来襲

 

2月4日は三鷹ローズルームにて黄昏時の新春シャンソンショーとして蜂鳥あみ太with大和田千弘(pf)の女豹タッグが来襲!!長めのワンステージにてクリーンな三鷹の空気を陵辱したいと思いますので是非御来場下さいませ!御予約は直接ローズルームまで!

 

日時:2017年2月4日(土) 16時開場 16時30分開演
会場:三鷹ローズルーム
(東京都三鷹市下連雀2-12-29 カパリスンビル1F)
料金:1500円(1ドリンク付)
唄と演奏 : 蜂鳥あみ太=4号 with 大和田千弘(pf)
予約:ご予約はローズルーム店頭、もしくはお電話(0422-26-8670)にてお願い致します。
※この日の演奏は長めのワンステージとなります!

 


 

■蜂鳥あみ太真昼の演奏会「出張シャンソニエ〜哀愁のシャンソン、黄昏のカンツォーネ、そして情熱のタンゴ...」

 

蜂鳥あみ太真昼の演奏会「出張シャンソニエ〜哀愁のシャンソン、黄昏のカンツォーネ、そして情熱のタンゴ...」

 

2月5日は巣鴨アルプスカフェで第六回目となる真昼の投げ銭シャンソン演奏会開催!毎回満員御礼&商店街に人だかりが出来ちゃうこのイベント、今回は一体どんなミラクルが起こるのやら!?赤線のお姉さんに習った見よう見まねの立ち振る舞いで巣鴨の老若男女を誘い込む…?(注、大人からお子様まで楽しめる非常に健全な内容のシャンソンイベントです★)バリスタ石井憲行画伯によるあみ太ラテ・マヤラテそしてマスター俊樹シェフによるこの日限定スペシャルフードもあるよ★是非お誘い合わせのうえ遊びに来てねっっ

 

日時:2017年2月5日(日) 9時開店 13時・15時・16時より投げ銭生演奏
会場:巣鴨アルプスカフェ
(東京都豊島区巣鴨3-16-12)
料金:投げ銭(各ステージ毎に1ドリンクオーダー)
出演:蜂鳥あみ太=4号(シャンソン歌手)
伴奏:笠原麻矢(アコーディオン)

※13時、15時、16時より投げ銭ライブ!御予約不要につき是非奮って御来場下さいませ!!

 


 

■新松戸FIREBIRD10周年企画「From Hell to 5th Floor SP」蜂鳥あみ太with佐藤真也(pf)来襲

 

新松戸FIREBIRD10周年企画「From Hell to 5th Floor SP」蜂鳥あみ太with佐藤真也(pf)来襲

 

2月10日は新松戸FIREBIRD10周年企画に蜂鳥あみ太with佐藤真也(pf)の狂犬タッグが来襲!!このタッグではかなり久々となるFIREBIRDでかなり濃厚な対バンの皆様と地獄絵図の如き異種格闘イベントにつき乞うご期待!!!

 

日時:2017年2月10日(金) 17時開場 18時開演
会場:新松戸FIREBIRD
(千葉県松戸市新松戸2-118 新松戸ビル5F)
料金:予約2500円 当日3000円(別途ドリンク代)
※スタート前ご来場の方には1ドリンク追加プレゼント
出演:赤いくらげ、白熊ピカソズ、The Mash、どろだるま、蜂鳥あみ太=4号with佐藤真也(pf)、蛸地蔵

 


 

■渋谷・阿頼耶識「次世代の超新星達〜新生Bud〜」倫巴里再来襲

 

渋谷・阿頼耶識「次世代の超新星達〜新生Bud〜」倫巴里再来襲

 

2月12日は渋谷の阿頼耶識(あらやしき、旧ディザイア)で開催の「新生Bud」に出張シャンソニエ倫巴里が来襲!!またしてものアウェイ戦、異色なパフォーマーの方々と御一緒でも平常運転にてやり散らかしたいと思います★★★

 

日時:2017年2月12日(日) 13時開場 13時30分開演
会場:渋谷・阿頼耶識(あらやしき、旧ディザイア)
(東京都渋谷区道玄坂2-17-3 SGビルB1)
料金:男性7000円 女性4000円(1ドリンク付き)
事前予約or受付時フライヤー画像提示で1000円OFF!!
出演:ありがとう細野(催眠術)、蜂鳥あみ太=4号with笠原麻矢(acc)、稀月亮太(SM)、福田もか、MIKITO(マジック)、東雲葵(SMショー)
予約:ご予約は公式サイトの2月12日イベント詳細下部にあります予約フォームより!
 

※御予約の際は「あみ太を観に行きます!」とコメントに一言添えて頂けると助かります!!
予約なしで御来場される方も当日受付にて「あみ太を観にきやした!!」と一言告げて頂けると助かりまシャー!

 


 

■出張シャンソニエ倫巴里・大倉山記念館生演奏会「異人館サアカス」

 

出張シャンソニエ倫巴里・大倉山記念館生演奏会「異人館サアカス」

 

2月18日は東横線・大倉山駅の山間にひっそりとそびえ立つ西洋館「大倉山記念館」第5集会室に蜂鳥あみ太with笠原麻矢(acc)の出張シャンソニエ倫巴里が来襲!! 2月の梅林咲き乱れる大倉山で巨大な絵画をバックに歌われる地獄シャンソンをご堪能あれ!!!限定16席チケット手売り販売のみにつきゲットはお早目に!!チケットは物販にて!

 

日時:2017年2月18日(土) 18時30分開場 19時開演
会場:大倉山記念館・第5集会室
(神奈川県横浜市港北区大倉山2-10-1 大倉山記念館3階)
料金:2500円
※ペットボトルのドリンク持ち込み可
出演:出張シャンソニエ倫巴里[蜂鳥あみ太=4号+笠原麻矢(acc)]
予約:物販でのチケット販売のみ

※限定16席。席数、利用時間制限による受付時間短縮の都合上チケット販売のみとなります。
チケットの販売はあみ太くん物販にてお申し付け下さい!

 


 

■蜂鳥あみ太×宮坂洋生(wb)×大和田千弘(pf)生音演奏会「1930〜パリのワイル、そして世界へと波及してゆく終末の足音〜」@新井薬師スタジオ響

 

2月23日は新井薬師のスタジオ響にて蜂鳥あみ太×wb宮坂洋生×pf大和田千弘トリオによる1930年代に発表された曲のみで構成された完全生音演奏会開催!!全世界が不協和音を奏で非常にギスギスしていた時代に生まれた音楽達に乞うご期待★★★

 

日時:2017年2月23日(木) 19時開場 19時30分開演
会場:新井薬師スタジオ響
(東京都中野区上高田3-38-11 響SOU1F)
料金:2500円
歌唱:蜂鳥あみ太=4号
演奏:宮坂洋生(wb)、大和田千弘(pf)

※ペットボトル等のフタ付きの飲み物のみ持ち込み可能です!
会場にドリンクが無いのでご持参をお勧めします!

 


 

■新宿パペラ「第六回ニュー歌謡パーティー」蜂鳥あみ太with笠原麻矢(acc)来襲

 

2月25日は新宿パペラにて開催のニュー歌謡パーティーに蜂鳥あみ太with笠原麻矢(acc)が来襲!!久々に御一緒のピラミッドス、そして初対バンとなるスマートソウルコネクションと異色の三つ巴ステージですよ★★★御予約は1月14日より受付開始との事なので奮ってご参加下さいましっっっ

 

日時:2017年2月25日(土) 19時開場 19時30分開演
会場:新宿パペラ
(東京都新宿区新宿2丁目8-1)
料金:予約2000円 当日2500円(別途飲食代)
出演:スマートソウルコネクション、▲s (ピラミッドス)、蜂鳥あみ太=4号with笠原麻矢(acc)
予約:ご予約は1/14(土)AM10時より0225papera@gmail.comにて受付

氏名(フルネーム・カタカナorひらがな)・電話番号・観覧希望枚数(お一人様4枚まで)を書いてメールでお申込みください。

※ 先着順で前方のお席を用意いたします。先着順で整理番号発行となり、整理番号順でのご入場となります。整理番号は返信メールに記載致します。
※ メール後3日以内に返信がない場合、下記をご確認下さい。
未送信(送信したつもりが下書きや未送信扱いになっている)
迷惑フォルダの 見落とし
パソコンから送信されたメールの「受信拒否」になっていないかどうか
未承認メールの「一旦受信 and 自動消去」設定
※ 基本的には予約枚数完売の際は当日券の販売は予定しておりませんが、キャンセル等で発売する事などがあった場合は「クリエイティブオフィス・ニューロマン」のTwitterにてお知らせさせていただきます。
※ 小さなお子様がご同伴でもご年齢に関わらずお席を用意するためお一人様分の料金が必要となります。
※ お問い合わせはクリエイティブオフィス・ニューロマン、メールアドレスまで。
co.newroman@gmail.com

 


 

そしてそしてシツコク告知させて頂きますは忘れちゃいけないこのイベント、3月12日は下北沢440にて蜂鳥あみ太バースデー&歌手生活8周年記念あみ太フェス2017開催!!ザ・スパンデックスに地獄の曼珠沙華、そしてアミタンゴという僕のやってるバンドが豪華総出演!!歌うのはモチロン全部オレ!!!赤字覚悟・血反吐覚悟の地獄絵図、もう後には引けないぜー!!あみ太くん物販ブース・下北沢440店頭にてチケットも絶賛発売中につき予定をバアルでこじ開けて冠婚葬祭全部すっ飛ばして必ず来てくれよなっっ後生やからねたのむでしかし★★★

 

■蜂鳥あみ太バースデーリサイタル2017「歌手生活8周年記念あみ太フェス2017〜とくと見さらせ!血糊で描く地獄シャンソン曼荼羅・歌でもってブチ殺す〜」

 

日時:2017年3月12日(日)  18時30分開場 19時開演
会場:下北沢440
(東京都世田谷区 代沢5丁目29−15 SYビル1F)
料金:予約・前売4000円 当日4500円(別途ドリンク代)
出演:蜂鳥あみ太=4号(地獄シャンソン歌手、出ずっぱり)
演奏:蜂鳥あみ太とザ・スパンデックス[ 笠原麻矢(acc)+佐藤真也(pf)+空中紳士(tabla)+宮坂洋生(wb)&大須賀聡(gt) ]、地獄の曼珠沙華[大和田千弘(pf)+ウエダテツヤ(dr)+チャーリー石塚(ba)]、アミタンゴ[笠原麻矢(acc)+宮坂洋生(wb)+大和田千弘(pf)]
予約:前売りチケットはあみ太物販または店頭(16時〜)にて。メールでの御予約はイベント名・予約者名・枚数を御明記のうえこちらのアドレスまで。

※御入場順はあみ太物販ブースでご購入のチケット〜店頭販売チケット〜メール予約順になります。

 


 

※すべてのイベントのお問い合わせ・御予約は「日付・イベント名・予約者名・予約枚数」を御明記のうえsusugu.hachidori4@gmail.comまでお願いします!
※御予約は折り返し返信が来て確定となります。スマートフォンの方は届かない場合がありますので必ず事前にメールアドレス指定受信設定をお願いします。


それ以降の来襲予定は蜂鳥あみ太オフィシャルサイト・スケジュールで!

 


 

さ〜てここからが本題(???)、ハッキリ言ってフランスの音楽なんて全く歌ってないのですが何故僕がシャンソン歌手を名乗っているかと云いますと、まずは日本のシャンソンの定義から説明しなけばなりません。日本のシャンソンもといニッポニア・ニッポンのように学名っぽく言えばニッポンシャンソン(Chanson Japonaise)とは1930年代頃までのフランス大衆音楽を踏襲しながら独自のガラパゴス進化を遂げたまるでミュージカル役者のような歌い語りであり、楽譜には無い字余りの語感であり、そしてそのどれもが人生を謳っている、それがシャンソンだと思っております。つまりこのシャンソン的解釈を通過していれば何処の国の音楽でもシャンソンと呼んでおかしくない筈なのです。僕の歌うシャンソンは中でも陽の光を嫌いひっそりと地下に潜伏するような日陰者の歌ばかりですがそれも人生であります。特に理由はなく、そういうヤツも居る。ただそれだけの事。そういう歌が特に歌っていて心地が良いというそれだけなのです。

 

詞の書き方も、冒涜、と云われるかもですが、まず素晴らしい音楽があってその旋律を聴きながら決して陽の当たらない暗い場所へと想いを巡らせる、そうすると闇から闇へとうごめく歌うべき言葉がモゾモゾと出て来る、と。僕の書く歌詞はメロディーに触れた時点で運命というよりはもはや因果のように最初から形が決まっているのであとはそれを上手に手懐け手繰り寄せるだけなので早い時は数十分、まだ何も浮かんでない状態でも一匹のウジ虫のようなイメージさえ涌いて来れば大体ひと晩で書き上がります。

そんなあたくしの超訳詞・作詞ちゃん達、歌として発表したもので現在60本。1月23日で歌手生活8周年につき年間7〜8本ペースで新しい歌詞を発表しているという事で作詞を仕事にするならば全くもってお話にならない超スローペースですがどれも簡単には人様に受け入れられないイビツで可愛いフリークスたちであります。全ての人が何処かしらおかしいように歌もまたそうである、というだけの話。

 

たまに「あみ太さんの音楽は暗くて怖い」と云われる事があるのですが、一個人・根暗の側から言わせて貰うと世の中に溢れるポジティブな音楽やメッセージこそが恐ろしく暴力的なのです。「ツイッターで恋愛アプリの広告が表示される度に"暴力的な表現"として通報してます」という女子校上がりの知り合いが居ましたがどんな意図であれ一度放たれた物をどういう形で捉えるかは受け取った相手次第というのをわかってやっているのと、わかってないけどこれはこういう意味だからわかったかボカンとブン殴るのとでは暴力度合いが大違いなのだが特にポジティブなメッセージの場合そこには"そうありたい"と云う自己洗脳も加味されて居るので更に暴力的な場合が多かったりするのが世の常であります。勿論そこに救われる人も沢山居るので否定する気はないのだけど当然こちらを否定される筋合いもないのです。つまり分かり合えないままでいいんです。適正な距離さえ保ってお互い干渉しなければ…と言いつつガン無視決め込んだ一般市民に対して地獄のような装いで市街戦を仕掛ける辺りあたくしも相当に血に飢えたケダモノというわけで実にしょうもない矛盾をはらんだ説得力皆無の発言なのでありました。僕はこうやって俯瞰で自分を見てしまうので憧れの新興宗教の教祖にはどうしてもなれないんだなーや。ギブミーチョコ、ギブミーガム、そして省みない勇気をおくれ。

 

そんなわけで配信予定日をぶっちぎってつらつらと書いてしまいましたが引き際がわからなくなってきたところでまた来月、いえ、演奏会でお愛しましょう。

 

今回もこんなところまで読んで頂きましてありがとうございます★★★

 

それではまた来襲!

 

あみ太

posted by: 蜂鳥あみ太=4号 | イベント告知 | 22:48 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:48 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://humming4.jugem.jp/trackback/307