<< 蜂鳥あみ太11月来襲予告〜据え置かれたミカン箱を叩き潰して最凶最悪かつ安心安全安定のイベントクラッシャーがやって来る!!その地獄、身を持って体感セヨ〜 | main | 蜂鳥あみ太1月来襲予告〜倫巴里新年会は横浜中華街にて!DOSAMAとヨーロッパ音楽とわたし、アングラ歌謡とわたし、そしてガチンコ・ロシア料理と地獄シャンソンの夕べあります〜 >>

蜂鳥あみ太12月来襲予告〜街頭で笑顔と毒を振りまく師走、あみ太くんリクエストワンマン、地獄の曼珠沙華、そしてカリトマトナベシーシャカ×ザ・スパンデックス2マン勃発、の巻〜

ボンジュール・トリステサ

 

子供の頃はお金がなくてゲームソフトがあまり買えなかったので先に攻略本を買って小遣いが貯まるまで頭の中で何度も攻略したもんだよねとハタチの男子に言ったら「あんたキチガイですか」と一蹴されました、あみ太です。特にセガサターンは選ばれた家庭にしかなかったのでデビルサマナーは未だに脳内攻略で完結してるミョ。

 

そんなわけでやっぱり不条理が好き、という事で人生どんなり理詰めにしてみても結局わけのわからん事はワケワカランタイミングで嫌がらせのようにやって来るもんで、信じる者は報われず、疑ったところで結局全員死ぬというどの選択肢を選んでもバッドエンドというコントローラーをぶん投げたくなるシナリオの破綻した救いようのないサウンドノベルのようなものが生きるという事だと常々思って疑わないあたくしですが、そんなあたくしが赤の他人様にふりまく細やかな不条理と云えばそう、ご通行中の皆様がこぞってその目を二度三度と疑いまくる路上コンサート(ちゃんと許可を得たもの)であります。

 

客引き(こちらも勿論許可を得て)の一環として街頭に立って微笑んでいると御通行中の方に物凄くウケるか真顔で完全にスルーされて透明人間のような扱いを受けるかのふたつしかないあたくしですが、スルーする相手の場合これはつまり身の危険を察知して情報を遮断するまでに至る情報をたった一瞬にしてブチ込めたという事実に他なりません。それは動物的に素晴らしい危機管理能力であり、己の生命の危機を脅かす存在として彼等の記憶や遺伝子に僕の情報が刻み込まれた実に素敵な瞬間であります。ただ視界に入るだけでその時にはもう相手の中に土足で上がり込んでいるあたくしなのであります。日常の中に蜂鳥あみ太が居るだけでそこはもう、地獄絵図。

 

特に僕とアコーディオンのマヤさんの二人でやっている出張シャンソニエ倫巴里は音響機材なしで何処でも出来るし何処で演っても地獄絵図という特殊能力を活かして普段皆様が足を踏み入れない場所へ安心かつ安全にそして安定の地獄へとお連れするのがモットーであり、それは非日常へのいざないという僕自身のモットーでもあります。

そんなわけで12月も与野本町、巣鴨、浅草と倫巴里演奏ありますので是非御来場頂き町の空気まで存分にご堪能頂けましたら嬉しいです!!

 

話は変わり、もうお悔やみとか本当にしたくないのですがDEAD OR ALIVEのピート・バーンズが亡くなりまして悲しみに暮れております。。たった一年の内に僕が多大なる影響を受けたステージアイコンの方々が唐突にどんどん逝ってしまうのは流石に身に堪えますね。表現者という生き方について身につまされるばかりなのであります。ピート・バーンズは端正なルックスから発せられる信じられないような野太い声、この絶妙なアンバランス感でもって広告代理店で働きながら生き方についてくすぶっていた20歳の僕をすっかり虜にしてしまったのでありました。デビューから現在に至るまでのそのスタイル、相変わらず脳髄がシビれるような逞しい歌声は今も心に鳴り響いているのです。いつまでも、いつまでも。

 

今を生きているどこかの誰かたったひとりでも、その胸の中に彼等の、そして僕の音楽が生き続ける限りその魂は伝わり100年、200年と生き続けるのです。僕が80〜100年以上前の音楽を再構築して歌うのは人の寿命からしてみれば永遠にも近い音楽が持つ生命力に魅せられているからなのかもしれません。月日が流れ死が訪れたとしても願わくばふとした拍子に誰かの頭の中でぐるぐる回るレコードのようにいつまでも回り続けていたいものです。そうなれるように精進するばかりなのであります。と云いつつ自分が死んだ後の世界の事が気になるか?と問われたら全く興味ないのですが。

 

そんなわけで今年は何かとお葬式が多いものでインスパイアされて一晩で歌詞を書き上げたのがアミタンゴから新曲として仲間入りした「葬式のタンゴ」であります。これは自分の葬式をこうなるであろうという皮肉で笑い飛ばすジャック・ブレルの曲。他人様の死に群がるウジのような錬金術師達のペテンと光の速さで喉元を過ぎ去る悲しみ。金も名誉もない男の無様な死、そして残るものは何か。自分のお葬式で流したい一曲なのであります。

 

そんなアミタンゴより3曲の映像が公開されましたので是非ご覧になって下さいませ!
どちらもアミタンゴならではのアレンジとなっております。

 

■YOUTUBE
タンゴ・ジェラシー

疲れた太陽

TANGO IN EDEN(SoftBallet cover)

 

そしてこちらはインスタグラムからの問題映像の数々。意味は特に無い。

 

■instagram
きっちん大浪にて暖簾ババアあみ太によるいらっしゃ〜いザ・ムービー
酸素カプセルに住むカタツムリ家政婦あみ太のこころあたたたまるおもてなしムービー
家政婦ピコあみ太郎による人体の不思議展PPAP(???)
酸素カプセルを完全に間違った使い方で満喫する家政婦あみ太
 

それではそろそろ12月の来襲予告いってみんグラード

 


 

■路地裏GarageMarket蜂鳥あみ太with笠原麻矢(acc)投げ銭生演奏&アイハラミホ。の人間フラワーロック来襲

 

路地裏GarageMarket蜂鳥あみ太with笠原麻矢(acc)投げ銭生演奏&アイハラミホ。の人間フラワーロック来襲

 

12月4日はJR埼京線・与野本町駅より徒歩13分のガレージで開催の路地裏GarageMarketに蜂鳥あみ太with笠原麻矢(acc)が来襲で13時と15時より真昼のシャンソン投げ銭ライブ勃発!!今回も盟友アイハラミホ。さんが人間フラワーロックで参加出店につき師走の与野本町でどどんと盛り上がろうZE!!入場無料なので是非お誘い合わせのうえ遊びに来て下さいね★★★マーケットという事で色んなお店が出店されているのでこちらも是非お楽しみに!!

 

日時:2016年12月4日(日) 11時オープン 13時・15時より投げ銭生演奏
会場:路地裏GarageMarket
(埼玉県さいたま市中央区鈴谷7-7-3)
料金:投げ銭(入場無料)
出演:蜂鳥あみ太=4号with笠原麻矢(アコーディオン)
出店:アイハラミホ。(人間フラワーロック)、他

※13時・15時より投げ銭生演奏!!御予約不要につき奮って御来場下さいませ!

 


 

■四谷アウトブレイク「佐藤"boone"学生誕祭8DAYS」地獄の曼珠沙華来襲

 

12月5日は四谷アウトブレイク佐藤boone店長生誕祭イベントに地獄の曼珠沙華が来襲!!あみ太くん久々のアウトブレイクにて曼珠沙華が狂い咲き★★★チャージ超リーズナブルにつき曼珠沙華未経験の貴方も是非お誘いあわせのうえ奮って御来場しまくりやがって下さいませっっ

 

日時:2016年12月5日(月) 18時30分開場 19時開演
会場:四谷アウトブレイク
(東京都新宿区四谷2-10 第2太郎ビルB1)
料金:予約1500円 当日2000円(どちらも別途ドリンク代)
出演:おいおい教バンド、a.t.o.m.、安田ボンバーExplosion、HANABOBI(北海道)ex.鼻くそボビィーシール、地獄の曼珠沙華、じどうぽるの砲❤、YANAKIKU

 


 

■千駄木RUBY'S ARMS蜂鳥あみ太with大和田千弘(pf)プレゼンツ「捨て子と女豹のシャンソニエ〜おいでませ地獄・千駄木三丁目〜」

 

千駄木RUBYS ARMS蜂鳥あみ太with大和田千弘(pf)プレゼンツ「捨て子と女豹のシャンソニエ〜おいでませ地獄・千駄木三丁目〜」

 

12月10日は千駄木RUBY'S ARMSに蜂鳥あみ太with大和田千弘(pf)の"捨て子と女豹タッグ"が来襲で初となるワンマン演奏会ですよ!全身網タイツの悪魔の捨て子とピアノに喰らいつく女豹による悪夢のような晩餐会に乞うご期待!!RUBY'S ARMSの木下さんお手製のこの日限定特製フードあります★★★

 

2016年12月10日(土) 19時開場 19時30分開演
会場:千駄木RUBY'S ARMS
(東京都文京区千駄木3-33-12 コーポコイズミ)
料金:2000円(別途ドリンク代)
出演:蜂鳥あみ太=4号
伴奏:大和田千弘(pf)

 


 

■蜂鳥あみ太真昼の演奏会「出張シャンソニエ〜哀愁のシャンソン、黄昏のカンツォーネ、そして情熱のタンゴ...」

 

蜂鳥あみ太真昼の演奏会「出張シャンソニエ〜哀愁のシャンソン、黄昏のカンツォーネ、そして情熱のタンゴ...」

 

12月11日は巣鴨アルプスカフェで第五回目となる真昼の投げ銭シャンソン演奏会開催!毎回満員御礼&商店街に人だかりが出来ちゃうこのイベント、今回は一体どんなミラクルが起こるのやら!?赤線のお姉さんに習った見よう見まねの立ち振る舞いで巣鴨の老若男女を誘い込む…?(注、大人からお子様まで楽しめる非常に健全な内容のシャンソンイベントです★)バリスタ石井憲行画伯によるあみ太ラテ・マヤラテそしてマスター俊樹シェフによるこの日限定スペシャルフードもあるよ★是非お誘い合わせのうえ遊びに来てねっっ

 

日時:2016年12月11日(日) 9時開店 13時・15時・16時より投げ銭生演奏
会場:巣鴨アルプスカフェ
(東京都豊島区巣鴨3-16-12)
料金:投げ銭(各ステージ毎に1ドリンクオーダー)
出演:蜂鳥あみ太=4号(シャンソン歌手)
伴奏:笠原麻矢(アコーディオン)

※13時、15時、16時より投げ銭ライブ!御予約不要につき是非奮って御来場下さいませ!!

 


 

■蜂鳥あみ太プレクリスマス忘年感謝祭お客様リクエストライブ「倫巴里VS狂犬タッグ」@浅草・銀幕ロック

 

■蜂鳥あみ太プレクリスマス忘年感謝祭お客様リクエストライブ「倫巴里VS狂犬タッグ」@浅草・銀幕ロック

 

12月18日は浅草・銀幕ロックにて蜂鳥あみ太プレクリスマス忘年感謝祭お客様リクエストライブ「倫巴里VS狂犬タッグ」開催!ありそうでなかった笠原麻矢(acc)さんとの出張シャンソニエ倫巴里と佐藤真也(pf)さんとの狂犬タッグによる2マンショウに乞うご期待!!しかもこの日は初の試み、お客様からの事前リクエストの集計結果によりセットリストを作成します!!あなたの思い出のあみ太曲は何ですか?3曲まで投票可能につき悩み抜いた3曲を明記のうえ是非御予約を!!飲めや歌えやの地獄馬鹿騒ぎ忘年会にジョイナス★★★

 

日時:2016年12月18日(日) 18時30分開場 19時開演
会場:浅草・銀幕ロック
(東京都台東区浅草1丁目41?5)
料金:3500円(2ドリンクチケット付き)
※1杯500円以上のドリンクをご注文の場合の差額は現金で頂きます。
出演:狂犬タッグ[蜂鳥あみ太=4号+佐藤真也(pf)]、出張シャンソニエ倫巴里[蜂鳥あみ太=4号+笠原麻矢(acc)]
予約:イベント名と予約名・枚数・あみ太レパートリーの中から歌って欲しいリクエスト3曲をご明記のうえsusugu.hachidori4@gmail.com迄
※御予約は折り返し返信が来て確定となります。スマートフォンの方は届かない場合がありますので必ず事前にメールアドレス指定受信設定をお願いします。

 

※お客様のリクエスト投票からセットリストを組みますのでご予約の際にお好きなリクエスト曲のタイトル(タイトルがわからなければ曲の概要でもOK)を3曲ご明記のうえ御予約下さい!ちなみに曲目がわからない、はじめての方はリクエストなしでもOKヨ!!この機会に是非来て覚えて帰って頂戴★★★

 


 

■晦日だよ!カリトマトナベシーシャカ×蜂鳥あみ太とザ・実質スパンデックス2マン

 

晦日だよ!カリトマトナベシーシャカ×蜂鳥あみ太とザ・実質スパンデックス2マン

 

12月30日は四谷Doppoにてカリトマトナベシーシャカ×ザ・実質スパンデックスという地獄のさすらいミュージシャン達による激アツ2マン開催決定!!ありとあらゆる汁が飛び散る爆裂肉弾セッション有マス!!!お席残り半分につきどなたさまも奮って御予約してくんろーっっ

 

日時:2016年12月30日(金) 18時30分開場 19時開演
会場:四谷Doppo
(東京都新宿区三栄町1-2 B1F)
料金:予約3500円 当日4000円(別途ドリンク代600円)
出演:カリトマトナベシーシャカ[都丸智栄(acc)+原田忠(acc)+大須賀聡(gt)+宮坂洋生(wb)+渡辺庸介(per)]、蜂鳥あみ太とザ・実質スパンデックス[笠原麻矢(acc)+佐藤真也(pf)+空中紳士(tabla)+ゲスト宮坂洋生(wb)&大須賀聡(gt)]

 

※40席限定となりますので御予約はお早めに!

 


 

そして先の予定ですが1月13日の金曜日は自由が丘マルディグラにてドサ周り手練れ楽団DOSAMA+ドサ周りミカン箱シャンソン歌手こと蜂鳥あみ太によるジョイントライブ開催!!!あみ太くんはロシア物・クレズマーなどDOSAMAの皆様と一緒にお届けする予定につき乞うご期待★★★

 

■自由が丘マルディグラDOSAMA+蜂鳥あみ太「世界ドサ回り音楽紀行〜手練れ辻楽師とミカン箱シャンソン歌手の誘惑〜」

 

日時:2017年1月13日(金) 19時30分会場 20時開演
会場:自由が丘マルディグラ
(東京都世田谷区奥沢5-29-10 リブレB1)
料金:2500円(別途ドリンク代)
出演:DOSAMA[関島種彦violin, mandolin、大野慎矢accordion, gajda(bulgarian bagpipes), tin whistle, recorder、宮坂洋生wood bass]、蜂鳥あみ太=4号(シャンソン歌手)

 


 

そしてそして1月29日は吉祥寺に実在するロシアンキャフェ「Cafe RUSSIA」に出張シャンソニエ倫巴里が来襲!!ロシア系レパートリーを中心に18時30と20時より生演奏!!異国情緒たっぷりの本場ロシア・ジョージア(旧グルジア)料理が楽しめるビーツ色の内装が目印のロシアンキャフェに是非ジョイナス★★★

 

■吉祥寺Cafe RUSSIA蜂鳥あみ太with笠原麻矢(acc)投げ銭生演奏

 

1月29日は吉祥寺Cafe RUSSIAに蜂鳥あみ太with笠原麻矢(acc)が投げ銭生演奏来襲!!ビーツ色の内装で彩られたカフェ・ロシアのお料理はピロシキ・ボルシチなどその名の通り正真正銘のロシア&ジョージア料理でこれがまた超絶美味!!更に店員さんもロシアの方ばかりというロシアン美男美女と地獄シャンソニエな夜に迷わずジョイナス★★★あたくし常々よりロシアンキャフェについて歌っておりますが遂にガチンコのロシアンキャフェに登場という事でロシア系レパートリーメインでお送りしますのでお見逃しなくっっ!!御予約不要ですが確実にお席を確保されたい方はお店に直接御予約お願いします!!

 

日時:2017年1月29日(日) 18時30分 20時より投げ銭生演奏
会場:吉祥寺Cafe RUSSIA
(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-10 ナインビルB1F)
料金:投げ銭(別途ステージ毎にオーダーお願いします)
出演:蜂鳥あみ太=4号with笠原麻矢(acc)

 

※通常営業中の演奏につき御予約不要ですがお店の込み合い具合によってお席が確保出来ない場合がございますので確実にお席を確保されたい方はお店[tel:0422-23-3200(10:00-23:00) mail:caferussia0422233200@gmail.com]まで御予約下さい!

 


 

そんでもって来年3月12日は歌手生活8年目の正直、下北沢440にて蜂鳥あみ太バースデー&歌手生活8周年記念あみ太フェス2017開催!!ザ・スパンデックスに地獄の曼珠沙華、そしてアミタンゴという僕のやってるバンドが豪華総出演!!歌うのはモチロン全部オレ!!!赤字覚悟・血反吐覚悟の地獄絵図、もう後には引けないぜー!!メールでの御予約は勿論、あみ太くん物販ブース・下北沢440店頭にて優先的に御入場頂ける前売チケット絶賛発売中につき予定をバアルでこじ開けて冠婚葬祭全部すっ飛ばして必ず来てくれよなっっ後生やからね★★★

 

■蜂鳥あみ太バースデーリサイタル2017「歌手生活8周年記念あみ太フェス2017〜とくと見さらせ!血糊で描く地獄シャンソン曼荼羅・歌でもってブチ殺す〜」

 

日時:2017年3月12日(日)  18時30分開場 19時開演
会場:下北沢440
(東京都世田谷区 代沢5丁目29−15 SYビル1F)
料金:予約・前売4000円 当日4500円(別途ドリンク代)
出演:蜂鳥あみ太=4号(地獄シャンソン歌手、出ずっぱり)
演奏:蜂鳥あみ太とザ・スパンデックス[ 笠原麻矢(acc)+佐藤真也(pf)+空中紳士(tabla)+宮坂洋生(wb)&大須賀聡(gt) ]、地獄の曼珠沙華[大和田千弘(pf)+ウエダテツヤ(dr)+チャーリー石塚(ba)]、アミタンゴ[笠原麻矢(acc)+宮坂洋生(wb)+大和田千弘(pf)]
予約:前売りチケットはあみ太物販または店頭(16時〜)にて。メールでの御予約はイベント名・予約者名・枚数を御明記のうえsusugu.hachidori4@gmail.comまで

 

※御入場順はあみ太物販ブースでご購入のチケット〜店頭販売チケット〜メール予約順になります。

 


 

※すべてのイベントのお問い合わせ・御予約は「日付・イベント名・予約者名・予約枚数」を御明記のうえsusugu.hachidori4@gmail.comまでお願いします!
※御予約は折り返し返信が来て確定となります。スマートフォンの方は届かない場合がありますので必ず事前にメールアドレス指定受信設定をお願いします。


それ以降の来襲予定は蜂鳥あみ太オフィシャルサイト・スケジュールで!

 


 

■後記

そろそろ僕も公式マスコットキャラクターが欲しいなと思って何も考えずにサインペンを滑らせて生まれたのがコレ。

名前はドン・ペリ。商品化全くの未定。というかこれは何だ。

イソギンチャクと洗濯板の妖精という設定(完全に見た目)。

そして10数年振りにプラ板を焼いて出来たのがコレ。

自分の物作りの才能の無さに驚愕したよね。

続報には全く期待しないで下さい。続きません多分。

 

それではまた来襲!

 

あみ太

posted by: 蜂鳥あみ太=4号 | イベント告知 | 12:26 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:26 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://humming4.jugem.jp/trackback/305