<< クロックタワーとシャンソン | main | 小さな喫茶店とシャンソン >>

遠藤ミチロウとシャンソン

変な時間に寝たら夜中に起きてしまったので遠藤ミチロウさんの音源を聴き漁っている、あみ太です。この人の詞は文学的かつ遊び心に溢れていて大好きなんです。アレなワードばかりなのにあまりにも度を越しすぎて逆に下品さを感じさせないこの凄まじいセンス、そしてそのうち殺されるんじゃないかとつい思ってしまうぐらいに鬼気迫るパフォーマンス、彼の音楽は圧倒的過ぎてセックス・ピストルズの逸話ではないですけど嫌いな人は耳にした瞬間CDプレーヤーごと窓から投げ捨てて破壊してしまいそうなのでオススメは出来ませんが非常にオススメです。

そういえば今年の1月23日の青い部屋でソワレさんのマンスリー・リサイタルに出演させて頂いた際、髪を逆立てて目元を黒く塗った僕の姿を見たソワレ・ヌーベル・シャンソンズそして上々颱風のベーシスト西村直樹さんが「遠藤ミチロウっぽいよね」と笑いながら仰ってまして、心の中で物凄く興奮してしまったんですが、実は去年の12月にミチロウさんご本人が青い部屋に出てらしたんですよね。観に行きたかった・・・。

さてさてそんなミチロウさんとシャンソンを結び付けるのは至難の業だと思ったんですが、グロテスク・ニュー・ポップという位置付けでMichiro,Get the Help!名義で出されたアルバム「オデッセイ・1985・SEX」に収録されている「真夏の夜の毒殺」とかどこかシャンソンの「人生は過ぎ行く(La Vie S'en Va)」に通じるものがありますよ。・・・とか言っていいのかしら?いいよね、こんなブログ誰も見てないし!あとね、ジャパニーズ・パンクの先駆けである早川義夫さんの「シャンソン」という曲もミチロウさんはカヴァーしてたりしますのです。よっしゃ、かなり無理矢理だけど繋がったじゃないですか!あれもシャンソン、これもシャンソン、皆シャンソン…こういう能天気でご都合主義な解釈こそシャンソンだと思って疑わない僕なのでした。まあ誰も見てないからこそ書いちゃうんだけども。

それでは吐き気がするほどシャンソンチックだぜ!マタネ!

posted by: 蜂鳥あみ太=4号 | シャンソン関連 | 10:03 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 10:03 | - | - |
コメント
 
2009/04/07 11:20 AM
Posted by: Fouguie
やだっ、ミチロウの音源持ってたんですね!
今度聞かせてくださいね○

で、結局ミチロウと町蔵はどっちが凄いんでしょ?INU。
2009/04/11 6:26 AM
Posted by: あみ太こと四号
どちらも凄いんです!

そういえば町蔵の本はすぐる兄さんの家に沢山あるらしいですよ。









トラックバック
 
http://humming4.jugem.jp/trackback/28